fc2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

グルテンフリー特別機内食

2014.08.03 (Sun)

食物アレルギーがあると海外旅行は悩みの種である

特に飛行機の機内食については、食べれないと思っている方も多いのでは
ないでしょうか?

しかし最近では、各社「特別機内食 / Special Meal」を提供している
航空会社も多い。

例えば今回利用したANA(全日空)でも、特別機内食が用意されており、
アレルギー対応やベジタリアン、宗教対応ミールなど幅広く対応している。

詳細はこちらから→特別機内食
(※なお特別機内食については事前申込みが必要なので、各航空会社に
お問い合わせください。)

また以前から特別機内食を頼んでいるが、昨年と比較しても今回は
味も格段に美味しくなっていることにビックリ

味付けに関しても、基本的に殆ど化学調味料など使用出来ないので、
野菜本来の味が感じられる

Special meal_1

メニューには、懐かしのポンポンせんべいや美容効果も高いキアヌなども
使用されている。

「キアヌ」とは、

雑穀の一種で、近年ヨーロッパや日本などで健康食品として注目されてきている。
またグルテンを含まないため、小麦アレルギーのような対グリアジンアレルギーを
持つ人でも摂取できる。(※Wikipediaより一部抜粋)

これで長時間フライトも、ストレスフリーで快適な空の旅が出来るのでは
ないでしょうか。


グルテンフリー ブログランキングへ


健康ダイエット ブログランキングへ


アレルギー料理 ブログランキングへ

14:30  |  海外情報/overseas information  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

USAグルテンフリー事情

2014.07.31 (Thu)

1年ぶりにアメリカに来て、グルテンフリー事情がとても変わっていたことに
ビックリ

グルテンフリー先進国のアメリカでも、以前はレストランに行く時には
事前にネットで調べてから行かないと難しかった。

しかし今回訪れた殆どのレストランでは、グルテンフリーに対応している
メニューがあり、いかに「グルテンフリー」がアメリカの食生活に
浸透して来ていると感じた。

またスターバックスでも、市販のグルテンフリーエナジーバーがカウンターに
置かれており、また店頭のショーケースにはグルテンフリーのクッキーまで
扱っていた

Starbucks

以前はグルテンフリーであると味が少々劣るのは仕方なかったが、
近年進化しており、最近では全く普通のクッキーと変わらない。

今後グルテンフリーは一過性のブームではなく、私たちの食生活に
必要な選択肢の1つとなるのではないでしょうか...


グルテンフリー ブログランキングへ


健康ダイエット ブログランキングへ


アレルギー料理 ブログランキングへ

00:00  |  海外情報/overseas information  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ロゴマーク

2014.01.12 (Sun)

gfco-logo-with-watermark.jpg

最近、輸入食品は多くのお店で見かけるようになったと感じる。

グルテンフリー生活を送っていると食品パッケージ表記を毎回
チェックするのが習慣になった。

今回はUSAのロゴマーク表記についてである。

上記のロゴマークは、Gluten-Free Certification Organization (GFCO) が
監修しているロゴであり、製造している食品工場で監査を行い、グルテンの
混入率が(20/100万)以下の食品等のパッケージに付けられてるロゴマークである。

このマークがついていると、一目でグルテンフリー食品だと認識出来るので、
消費者にとって非常にありがたい

ちなみに日本においての、小麦粉(グルテン)の基準値は(10/100万)以下と
欧米諸国と比較するとかなり厳しい基準であることが分かるが、
現在のところ欧米諸国などのようなロゴマークはない。

特にアレルギーの方にとっては、製造している過程で他の食品が混入
してしまうことは非常に切実な問題であるが、日本ではまだ多くの
製造過程において、他の食品が混入していることが多いので、
実際に食べれる食品が限られてしまうのが現状である

安心した食事が出来るように、1日も早い法律での整備が必要であると感じる…


グルテンフリー ブログランキングへ


米粉料理 ブログランキングへ


アレルギー料理 ブログランキングへ

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング - ジャンル : ヘルス・ダイエット

10:00  |  海外情報/overseas information  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |